日本での新体験:クリッシー先生編

日本での新体験:クリッシー先生編

Categories:

いつもランゲージハウス札幌をご利用いただき、ありがとうございます。

今回はアメリカ出身のクリッシー先生から、日本に来て感動したことについての紹介です。

 

学生の頃、私はいつも自分で昼食を作って、学校まで持って行っていました。という話を日本人を話すと、

たいてい「偉い!」「学生なのに、すごいね!」というリアクションをもらうのです。

みなさんがイメージする昼食とは、どういうものなのでしょうか。

 

日本のみなさんが食べ慣れている「お弁当」に比べると、

アメリカで一般的に食べられている「packed lunch」はかなり簡易なものです。

私がよく作っていたのは、ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ、生にんじんのカット、ポテトチップスの入った「packed lunch」で、毎朝十分以内に作れるものでした。

 

日本に来たときから、種類豊富なおかずの入った日本のお弁当に感動して、

毎日「packed lunch」を食べる生活に戻るつもりはありませんが、

たまには素朴なピーナッツバターとジェリーのサンドイッチを作りたくなります。

 

When I was a student, I would make myself lunch to bring to school everyday. Whenever I tell Japanese people about this, I often reactions of surprise. Compared to Japanese bentos, the packed lunches we eat in America are often much simpler. The lunches I made typically consisted of a peanut butter and jelly sandwich, some raw carrot sticks, and potato chips. When I was in high school it would take me about ten minutes or less in the morning to assemble one such packed lunch.

 

When I first came to Japan and had my first Japanese bento I was amazed at how different it was from an American packed lunch, and at the variety of dishes contained in a single bento. Now I prefer Japanese bentos to American lunch boxes, but every once in a while I still like to make myself a simple peanut butter and jelly sandwich.

INFORMATION